英文校正の仕組みを調べてみた

英文校正とはどんなことか

書類や論文の英文校正を依頼した場合、「納期」は非常に重要な要素になります。 早く納品されれば再度その内容を確認し、表現を改めたりどうしてその表現になったのかということを質問する時間的猶予が生まれ、それだけ文章の精度が高くなります。 一般的な納期と納期に応じて費用が変わるのかという点を調べてみました。

文字数と費用の関係

英文校正は、翻訳された文字を一つ一つ精査していく作業ですので、当然文字数によって費用が変わるはずです。 業界では何文字を目安に費用が変動するのか、文字数以外に価格差が生じる要因があるのかどうかなど、利用者目線で調べてみました。 一般的なサービスではない業界の一端をご紹介できればと思います。

オプションの項目について

英文校正サービスについて調べるうちに、多くの請負業者でオプションサービスを取り扱っていることが分かってきました。 依頼者の要望に合わせて柔軟にサービス対応ができるようになっており、インターネットを通じてなら24時間受付可能という業者も存在します。 こうした便利なサービスについてご紹介します。

納期と費用の関係

あまり馴染みのない言葉と思われる方が多い「英文校正」。
日本語で書いた文章を英語に直す「翻訳」でもないし、一体何を指しているのでしょうか。
「英文校正」とは、例えば海外の科学雑誌に投稿するために記述し、英文に翻訳した論文をチェックして、より分かりやすい表現や学術的な記述に改めるサービスを指しています。

論文だけでなく、海外企業との間で大きな契約を結ぶ場合の書類だったり、移住や留学の際の書類なども必要に応じて英文校正をかけています。

外国人の友達と英文でやりとりする場合や、海外のアーティストに出すファンレター、ツイッターのコメントなどはこれまで身につけてきた英語力で楽しんで記述しても問題ないと思いますが、やはり大きな商談や緻密な研究成果を発表する場合には、ちょっとしたニュアンスの違いによる誤解が大惨事を引き起こしてしまうリスクは絶対に排除したいものですので、各分野に精通したプロフェッショナルに校正を依頼するのです。
つまり、校正を引き受ける側には、日本語や日本人の思考や感覚を理解し、それを誤解なく適切な英語の表現に変換できる高いスキルが必要になります。
また、このサービス需要の性格的に、言語スキルだけでなくそれぞれの分野についても第一線のビジネスマンや研究者と同等レベルの知識が必要です。ビジネスや研究の現場で実際に起こる出来事がイメージできなくてはクライアントが提出してきた英文をより適切に校正していくのは難しいからです。
ほとんどの場合、英語圏ネイティブの医師や博士号の取得者が従事しています。

おすすめリンク

ビジネスもOKな英文校正

せっかく学ぶならビジネスに活かしたい!ネイティブ講師が添削する英文校正でメキメキ上達

TOPへ戻る