英文校正の仕組みを調べてみた

英文校正の料金や期間はどれくらい?

>

英文校正とはどんなことか

一般的な納期

現在、英文校正サービスを行っている会社では大体当日仕上げ(文字数制限あり)から7日程度の納期で価格を設定しています。
当然ながら当日や翌日仕上げを希望すれば1単語あたりの価格が高くなり、日にちに余裕があればその分安くなるシステムです。
文字数や校正を依頼する内容によって価格が変わる為一概には言えませんが、納期によって大体10円から15円くらいの価格差が発生するようです。

但し、会社によっては「3000文字以内で3営業日以内の校正ならいくら」と先に費用を設定しているところもあります。
あくまでも既に英訳されている文章を構成するサービスですので、翻訳サービスを利用する場合はこちらの納期や費用に加えて英訳を行う為の時間なども必要になることを念頭に置いてください。

アフターサービスについて

英文校正を行う各社とも様々なサービスを提供していますが、構成が終わり、納品した文章に対して依頼者との間で「なぜその表現を用いるのか」「誤解が生じる可能性があるので、ここは表現を変えてはどうか」と言った質疑応答ややり取りを行い、文章をより良いものへとレベルアップしています。
この校正担当者とのやりとりが出来る事や、校正担当者からのアドバイスで盲点が明らかになったという事例が利用者から大変好評で、各社の評判に影響しています。
その為、無料・有料問わず、各社ともこうした対応をサービスとして設けているようです。
例え1日で構成が終了したとしても、その後にこうした作業が控えている訳ですから「これで完成」とはいかず、特に締め切りの近い文章については日程に余裕を持つことが必要そうです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る